Photoshop CCのマッチフォントを使って画像からフォントを探す方法

Photoshop CCのマッチフォント機能を使って画像からフォントを探す方法

インターネットで色々なページを見ていると、こんな風に思う事ってありますよね。

悩める女性
このフォントいいな~。何ていうフォントなんだろう?

フォントにはかなりの数の種類が存在し、パッと見ただけでそのフォントを特定するのは困難です。

しかしPhotoshop CCのマッチフォント機能を使えば、画像内で使われているフォントを探す事が可能です。

フォントを特定する精度は100%とはいかないようですが、かなりの高精度で探す事ができ、同じフォントを特定できなかった場合には似たフォントを教えてくれますので非常に便利な機能です。

スポンサーリンク

マッチフォントの使い方

それではマッチフォントを使って画像内で使われているフォントを探す手順を解説します。

まずは探したいフォントが使われている画像をPhotoshopで開きます。

今回は以下の画像を使ってみます。
探したいフォントが使われている画像

検索したいフォントの文字部分を選択ツールで囲みます。
フォントの文字部分を選択ツールで囲む

選択ツールで囲む時に、違うフォントの文字を一緒に囲んでしまうときちんと検索ができなくなるので注意して下さい。
違うフォントの文字を一緒に囲んでしまうのはダメ

検索したいフォントを囲んだ状態で、上メニュー【書式】→【マッチフォント】を選択。
マッチフォントを選択

マッチフォントの画面で同じフォント、または似たフォントの候補一覧が表示されます。

上に表示されているのがパソコンにインストール済みのフォントで、下がTypekitで使用可能なフォントです。
マッチフォントの画面

Typekitとは
数多くのフォントを一つのライブラリーで提供しているAdobe Creative Cloudのサービスの一つ。

フォントが見つかれば利用したいフォントの左の星マークを選択しOKをクリックします。

Typekitの場合は雲(cloud)マークを選択すると同期して使用できるようになります。
利用したいフォントを選択

今回は4種類のフォントを例に挙げてみましたが、全て正解のフォントが表示されました。
全て正解のフォントが表示された

以上でマッチフォント機能の解説は終わりです。

スポンサーリンク
Photoshop CCのマッチフォント機能を使って画像からフォントを探す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。