ニーア オートマタの体験版が配信されたので遊んでみた感想

NieR:Automata(ニーア オートマタ)の体験版が配信されたので遊んでみた感想

ずっと前から気になっていたPS4用ソフト『NieR:Automata(ニーア オートマタ)

発売予定は2017年2月23日(木)ですが、今日2016年12月22日(木)に体験版が配信されたので早速プレイしてみました。

ちなみに前作のPS3用ソフト『NieR:Replicant(ニーア レプリカント)』はプレイしておりません(汗)

スポンサーリンク

世界観(シナリオ)とBGM

本作ではオープンワールドのようですが、体験版では巨大な工場のような場所が舞台となっています。

この無機質な雰囲気、嫌いじゃありません。
巨大な工場のような場所

世界観はニーア レプリカントの頃からそうみたいですが、何か独特というか物悲しい雰囲気が漂っています。

ネタバレしないように詳細は伏せますが、体験版でも「えっ!そんな終わり方するの?」って感じで終わります。

BGMも同様で、世界観にマッチしていて個人的にはかなり好きです。

どんな感じかは公式サイトにアクセスしてもらえればだいたいの雰囲気は掴んでもらえるかと思いますので、以下よりどうぞ。

グラフィック

今回フレームレートを60fpsでプレイできるようにする代わりにグラフィックを落としたそうですが、普通にキレイです。

静止画だと伝わりづらいですが、最後に載せている動画をご覧頂ければと思います。
ニーア オートマタのグラフィック

アクション(操作性)

アクションはまさにスタイリッシュ!

これ以外の言葉が思い浮かばないぐらいに自由度が高く爽快です。

武器の組み合わせも豊富で、装備セットや回復アイテムのショートカットもきちんとあるのでプレイしていてストレスがありません。

そしてオートモードが搭載されているので、僕のようにアクションが苦手な方でも安心して遊べます。

このオートモードというのは移動は自分で操作するだけで、攻撃や回避を自動で行ってくれます。

これだけ聞くとつまらないように感じるかもしれませんが、これが意外にもきっちり爽快感があるのが不思議。

もちろんオートモードはボタン1つでON/OFF切り替え可能で、オートモード中であっても自分で操作する事もできます。

アクションが苦手な方は難易度を下げてオートモード。アクションが得意な方は難易度を上げて。とプレイする人の好みに合わせて遊べるのはいいですね。

道中では強制的に横スクロールになったり。
横スクロール

上から見下ろし視点になり、さながらシューティングゲームのようになったり。
見下ろし視点

視点が固定されるのは人によっては好き嫌いが分かれそうですね。

そして体験版の最後には超大型のボスと戦闘する事になります。
超大型のボスと戦闘

体験版まとめ

今回、体験版を遊んでみて予想以上にスタイリッシュで楽しめました。

これが本作ではオープンワールドで遊べるとなると考えただけでワクワクします!

最後に、ファミ通さんが体験版のプレイの様子を動画にアップしていたのでこちらにも載せておきます。

ニーア オートマタがどのようなゲームか、特にアクションについては動画を見てもらえると分かりやすいと思います。

スポンサーリンク
NieR:Automata(ニーア オートマタ)の体験版が配信されたので遊んでみた感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。