Broken Link Checkerプラグインでリンク切れをチェック

Broken Link Checkerプラグインでリンク切れをチェック

ブログを運営していると外部のサイトへリンクを貼るという行為が当然ありますよね。

外部サイトは自分で管理している訳ではないので、突然URLが変わったりページ自体が無くなったりしてリンク切れ(Dead Link)を起こす事があります。

リンク切れのまま放置するという事はSEO的にもよくないですが、何より訪問者にとって不親切です。

書いている事はおもしろかったりすごく為になる。

でもそのページから貼られているリンク先が「404エラー」「ページが存在しません」ばかりだとガッカリしますよね。

こんなページばかりだと「どうせ他のページでもリンク切れ起こしているんでしょ?」と思われ、せっかくファンになってくれていたかもしれない訪問者の人を逃す事になってしまいます。

ブログの記事数が少ない間はリンク切れを手動でチェックする事もできますが、数百ページとかになってくると手動でチェックするというのは現実的ではありません。

そんな時に役に立つのがBroken Link Checkerプラグイン

Broken Link Checkerを導入する事でリンク切れを自動でチェックしてくれるようになります。

もしリンク切れが起こっている場合は、管理者に知らせてくれたり必要に応じて修正してくれます。

WordPressを使うなら必須のプラグインと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Broken Link Checkerの主な特長と機能

  • リンクチェック頻度の設定
  • メール通知機能
  • Dead Linkを自動で修正
    • リンクエラーにカスタムCSS適用
    • 削除したリンクにカスタムCSS適用
    • 壊れたリンクにnofollow付与
  • リンクチェックを行う範囲の設定
    • カスタムフィールド
    • コメント
    • ブログロール
    • ランディングページ
    • 固定ページ
    • 投稿
  • その他色々

プラグインのインストール

左メニューバーの【プラグイン】→【新規追加】より検索ボックスで「Broken-Link-Checker」と検索し、プラグインが見つかれば「今すぐインストール」を選択します。
Broken Link Checkerプラグインのインストール

プラグインがインストールできれば有効化します。
Broken Link Checkerの有効化

プラグインが有効化されるとダッシュボード内に「Broken Link Checker」ウィジェットが追加され、現在のリンク切れの状況を表示してくれるようになります。
Broken Link Checkerウィジェットが追加

設定(オプション)

Broken Link Checkerプラグインの設定を行うには左メニューバーの【設定】→【リンクチェッカー】より行います。
プラグインの設定

一般の設定

一般タブの設定項目を一つずつ解説します。
一般タブの設定

  • ステータス:
    リンク切れがないかを表示しています。ダッシュボードに追加されたウィジェットと同じです。
  • 各リンクをチェック:
    リンク切れをチェックする頻度を設定できます。初期状態では72時間に設定されています。
  • メールで通知:
    リンク切れが見つかった場合にメールで通知を受け取るかどうかの設定ができます。
  • 通知メールアドレス:
    通知するメールアドレスを指定します。空白にすると【設定】→【一般】で指定されているアドレスに通知されます。
  • リンクの調整:
    リンク切れが見つかった際に該当リンクを自動で調整します。初期状態では打ち消し線が入ります。
    また該当リンクを検索エンジンに辿らせない様にnofollowを適用する事ができます。
  • 提案:
    リンク切れに代わるものを提案します。初期状態ではチェックが入っています。
  • 警告:
    不確実または軽微な問題を「リンクエラー」ではなく「警告」として表示します。こちらも初期状態ではチェックが入っています。

設定を変更した場合は「変更を保存」するのを忘れないようにして下さい。

含まれるリンクを探す(リンク切れチェック対象ページの設定)

含まれるリンクを探すタブの設定ページです。

「含まれるリンクを探す」と言われてもピンとこないと思いますが、要はリンク切れをチェックする対象ページの設定です。
含まれるリンクを探す(リンク切れチェック対象ページの設定)

必要なページにチェックを入れ保存します。

チェックするリンクの種類

チェックするリンクの種類タブでチェックするリンクを指定できます。
チェックするリンクの種類タブ

プロトコル&APIと高度な設定

プロトコル&APIと高度な設定は基本デフォルトのままでいいでしょう。

高度な設定ではリンクエラーと判断するまでのタイムアウトの設定や、サーバー負荷の制限を設定できますが分かる方のみ変更を加えて下さい。

リンクエラーが見つかった場合の対処

リンクエラーが発見されるとダッシュボード内のウィジェットや指定したメールアドレス宛に通知されます。
リンクエラーの通知

該当のリンクには設定で指定していた修正(デフォルトでは打ち消し線)がされていますが、リンク自体を削除するか代わりのリンクに差し替えるかは手動で行う必要があります。

まずは先ほどの「○個のリンクエラーを発見しました」を選択し、リンクエラーの一覧ページへいきます。
リンクエラーの一覧ページ

修正を行いたいURLにマウスカーソルを合わせると「URLを編集」「リンク解除」「リンクエラーでない」「無視」「再確認」と5つメニューが表示されます。
リンクエラーの修正

それぞれの項目は以下に解説しますので希望に合った修正を行います。

  • URLを編集:
    リンクのテキストやURLの修正ができます。
    リンクを編集
  • リンク解除:
    リンクを解除し、ただのテキストの状態にします。リンクではなくなるので当然リンクエラー一覧ページからは消えます。
  • リンクエラーでない:
    誤検知であればこちらを選択します。リンクエラー一覧ページから消え次回チェック以降も検知されなくなります。
  • 無視:
    そのままの状態で一時的にリンクエラー一覧ページからは消えます。次回のチェックで再びエラー検知される可能性があります。
  • 再確認:
    リンク先がエラーかどうか再確認します。

以上でBroken Link Checkerプラグインの解説は終わりです。

外部サイトへのリンク切れをなくして訪問者の人にとって親切な運営を目指しましょう!

スポンサーリンク
Broken Link Checkerプラグインでリンク切れをチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。